痛めてしまう前に知っておきたい腰痛の話

2018年12月28日(金)

寒くなってきましたね。

寒さのせいなのか、年末で忙しい人たちが多いのか最近ぎっくり腰で来院される患者さんが多いです。

さて、今日のテーマは「腰痛」ということで・・

☆ぎっくり腰の正式な名称!「急性腰痛症」

 

腰が急に痛くなることを「ぎっくり腰」といいます。ただぎっくり腰というのは俗称で正式な病名は「急性腰痛症」といいます。誰にでもおこりうる、しかも突然・・・

なったことある人はツラさがわかりますが、腰を痛めると歩くだけでピキッと痛みが走り、寝返りを打つのも大変><

日常生活、仕事にかなり支障をきたしてしまいます。

どうして腰が痛くなるの?

原因はよくわかってないことも多いですが、遺伝的な要因、生活環境など様々な要因や、直接的な原因では姿勢の問題、重いものを持つ時などに膝を曲げずに持ったりなど腰の使い方が良くないなど考えられます。

急に腰が痛くなった!これってぎっくり腰かも(・・?と思ったら

ぎっくり腰になった時には、可能な範囲で体を動かし、活動性を維持しましょう!過度な安静は必要ありません。ぎっくり腰は痛みに応じた無理ない程度の活動をしていれば自然に良くなっては来ます。

しかし、日常生活や仕事に差し支えてしまうようなら早めの医療機関への受診をしましょう!当院では腰痛の痛みの緩和、早期改善を目的に物理療法、ストレッチ、テーピングや、コルセットなどを行い、多少の痛みがあっても日常生活を送れるように施術させていただいております!

早く仕事に復帰したい!完全に腰痛をなおしたいなどぎっくり腰に限らず、昔から腰痛に悩まされている方も、松本市庄内ひかり整骨院へお気軽にご相談ください!腰痛予防に良い体操や、トレーニングなどの指導も行うようにしています。

 

 

 

 

  |