症例【首の痛み】

2019年01月09日(水)

年が明けて、1週間経ちましたね。

年明けから、ここ何日かで多い【首の痛み】を訴えて来院される患者様が非常に多いです。その中のお一人の症例について

専業主婦の40代女性

昨日から首から背中にかけ、強い痛みが出現し全く首を動かせないとのこと・・・いつも首が痛くて動かすのも大変な人を見て思うのは、車の運転は大丈夫なのだろうか・・・なんといったってここ松本は車社会。車の運転に支障が出る=生活に支障が出るからです。

今回の首の痛みの出る直前に心当たりがないかなど、問診をすすめていくうちに、年末年始で普段よりも自宅での労働、おそらく上肢(腕全体)の使い過ぎ(手で重いものをもったりする動作は、首の後ろの筋肉などに負担がかかります)により筋肉にふたんがかかりけいれんを起こしてる状態、もしくは首の関節に炎症を起こしてしまったなどが考えられました。

温熱療法や低周波などの物理療法と肩甲骨周囲筋群のストレッチも行います。

1日目は、帰るときにやや痛みはマシとのこと。2日目はほとんど痛くないとのことでした。よかった(^^♪

一般的に、軽い痛みのものであれば数時間から、数日で自然と痛みも取れてくる場合のものもあります。しかしほっておいてもなかなか症状が良くなって来ない場合は一度整骨院や、整形外科で診てもらうことをおすすめします!原因が何かわかれば、再び負担のかかることをしないように意識したりして予防ににもなりますね!

年末年始の疲れが原因で首が痛い、腰が痛いなどでお困りの事がございましたら、お気軽にひかり整骨院までご相談くださいね!

  |