腰のヘルニア

このようなお悩みはありませんか?

ヘルニア

  • 腰から足にかけての痛みが気になる
  • 短時間でも立っているのがツラい
  • 足がしびれている、感覚が鈍くなっている
  • 病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断された
  • 重いものを持とうとしても痛むため持ち上げられない
「腰椎椎間板ヘルニア」とは?

椎間板ヘルニアの図

60%~80%の人が人生の中で腰痛を経験すると言われていますが、椎間板ヘルニアは腰部に神経圧迫が起こる事を指します。

「ヘルニア」とはラテン語で脱出という意味で、腰椎椎間板ヘルニアとは背骨と背骨の間にある、クッションの役割をしている椎間板の中にある髄核というものが、摩擦や摩耗、突然の外力によって外側の繊維輪というものを圧迫してしまい腰痛が起こります。さらに椎間板の損傷が進行すると、脊椎神経が圧迫されて痛み、しびれ、筋力低下などの不調が起こってきます。

腰椎椎間板ヘルニアが起こるきっかけ

  • 下半身を使わないものを持ち上げる姿勢、捻る動作
  • 仕事や運動による繰り返しのストレス
  • 長時間の運転、振動など
  • 猫背など姿勢が悪い
  • 体幹を支える筋肉(インナーマッスル)が弱い
  • 喫煙など(椎間板への酸素供給不足)なども

いかがでしょうか?このような習慣があるとヘルニアになったり、再発を繰り返すリスクがあります。
お仕事に関する習慣については、改善しようにもすぐには難しいですが、姿勢インナーマッスルの強化などの改善が期待できる習慣もあります。
これらを正常化へ導くことで、ヘルニアの解消を目指しましょう。

骨盤整体サロンHIKARIの腰椎椎間板ヘルニアの施術について

施術の様子

骨盤整体サロンHIKARIでは、痛みのために固くなってしまっている筋肉を和らげるために、手技(ストレッチやマッサージ)やハイボルトという電気を神経に沿って流すことで、痛みの緩和を促します。

腰椎椎間板ヘルニアとは、猫背などの不良姿勢や、インナーマッスルの筋力低下から椎間板に負担がかかり起こる病気です。

痛みの進行をさせない為再発防止の為に、姿勢の改善と広域変調波EMSコアレによるインナーマッスルの強化が効果的です。

激痛・術後の方へ

立ってることが困難なくらいの激痛であれば、まず安静が必要になってきますが、痛いからと言って安静にしているだけでは筋力がどんどん低下してしまいます。

骨盤整体サロンHIKARIでは痛くてなかなか運動ができない方でも、簡単に体幹のインナーマッスルを鍛えることが出来る広域変調波EMSコアレを受けていただくことをおすすめしております。

コアレ

また、手術後の方であっても術後のリハビリとしての筋力トレーニングは非常に重要です。痛いから、術後だからと横になってばかりいると、だんだんと筋力が無くなってしまい椎間板へ負担がかかり、再発してしまう可能性もあります。

ヘルニアの手術後の多くの方が当サロンのトレーニングを受け、不調の改善に役立ったとお喜びの声をいただいております。

椎間板ヘルニアを再発させない身体作りをしましょう

トムソンベッドでの施術の様子

日々の生活習慣で起こってくる腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板に負担がかかりづらくするようにすることが重要ですので、姿勢や骨格の矯正を行うトムソンベッドを使って猫背などの不良姿勢を解消していきます。

諦めないで、一緒にがんばりましょう!

もう腰椎椎間板ヘルニアは改善しないのではと不安に思われる方も多数いらっしゃいますが、当サロンではヘルニアの根本原因である骨格・姿勢の問題を解消し、さらに体幹のインナーマッスル鍛えてしっかりと腰を支えることで、腰椎椎間板ヘルニアの痛みを解消させ、再び痛みを引きおこさない身体作りを目指しています。

当サロン独自の背骨・骨盤矯正施術については下記のバナーをクリックしてください!

背骨・骨盤矯正